蜑阪∈
谺。縺ク

名がある労働相談も担う

昇進した喜びだけでなく、その後の労働相談には時間外手当の支給がされなくなったり、管理職労働の条件の厳しさなどが持ち上がっています。
知らない人もいるでしょうが、管理職はどれだけ残業しても残業手当なし、その代わりに管理職や役職手当がつくのです。
なぜかといえば、責任ある立場で、労働基準法の規制を超えて仕事をするからです。
労働相談でも名ばかりともいわれることもありますが、深夜割増手当は管理職でも受け取れるようです。
ちなみに、名ばかり(肩書きだけ)で選ばれるワケでもありません。
実際には、経営方針の決定に参画する職務内容や責任が問われるものですし、勤務態様など総合的に判断されます。
適任であるからこそ管理の地位にあたる者になれるワケです。
労務管理上の指揮権限を有するなど、こうした内容も肩書きだけでは務まりません。
もちろん、会社が安易に利用していることも否めないでしょうから、役職名のみを与えられても相応しい処遇でなければなりません。

Page Top